« June 2011 | Main | September 2011 »

2011 サンフランシスコ 15 オーパスワン

ツアーの最後の訪問先はオーパスワンです。
モンダビとバロンフィリップのコラボということで非常に有名なワインです。

まだワインにはまり始めの頃、サンフランシスコを訪れる機会がありました。
カリフォルニアのワインを一生懸命調べてドミナスかオーパスを買おうと決心して行きました。
サンフランシスコのメイシーズでドミナス89が45$、オーパス89が60$だったと思います。
経済的理由(笑)で、オーパスだけ購入しました。
ずーっど家に置いておいたけど飲んだときはおいしかったな~

次にオーパスを購入したのはハワイのフジオカでレジの横にオーパス98がおいてありました。
130$です。20年記念ということでつい購入。これは来週末飲む予定(笑)

あまり縁のなかったオーパスですが・・2本も購入すれば十分縁があるということですか(笑)
ワイナリーにやってきました。前置き長すぎ(汗)

オーパスワンの建物です。
Resize2701
有名ですよね。

畑ですが、ここはまだ樹齢が低いのでワインにならないとか。
Resize2702

さて建物の中へ、ワインの試飲へ行きます。
Resize2704

ここはシンプルで売店のようなものはありません、
ガイドの方が買い物はルビコンまでにしないと何もないよ~と言っていましたがその通りです。

メインはテイスティングルーム。
Resize2705

テイスティングは2006と2007の2種類でした。2006にしましたよ。
ワインはここで飲んでも良いのですが、屋上にベンチがあって眺めも良く
皆さんそちらもでワインを持って行きますので私も。
Resize2714

乾杯♪
Resize2709

やっぱり、ルビコンより好きだな~。酸味がルビコンより穏やかで
カリカベなんだけどボルドーブレンド。
パワーではなくフィネス系といったら良いのでしょうか・・・とちょっと語ってみる(笑)

お買い上げ~(笑)
Resize2715

実は07が200$、06が205$だったのですが、円高の恩恵というか
フジオカで購入した98の130$とほとんど変わらない値段でした。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2011 サンフランシスコ 14 ニーバム・コッポラ ルビコン

ランチの後はニーバム・コッポラ、ルビコンへ。
映画監督のフランシス・フォード・コッポラが買収したワイナリーです。
買収される前はイングルヌックという名前で有名でした。
前のオーナーがニーバムさんですがワイナリーの名前をニーバム・コッポラと
したようにその名前も大事にしているようですね
Resize2684

イングルヌックの名前もここに。
Resize2674

で、ここはルビコンエステイト。
Resize2673

テイスティングルームです。
Resize2680

モンダビで自粛した分を飲みま~す。
ルビコン2006だったと思います。
Resize2679

ルビコンはボルドーブレンドのメリタージュってやつなんですが
結構酸味が強いですね。酸度滴定したらどれくらい?(笑)

外の畑に行ってみます。
カベルネ♪
Resize2689

色づきはじめていますね。一粒いただきましたが青い~。
一月後にもう一度来てみたいです。

美しい景色です。
Resize2686

カリフォルニアの青い空(笑)ですね~。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2011 サンフランシスコ 13 BBQランチ

3つめのワイナリーはVサッツィというところです。
Resize2666

ここはワインの試飲というよりはデリが非常に充実しているので
ランチをここで取ってくださいというコンセプトのようです。
もちろんワインの試飲もありますが、このツアーのコンセプトからすると
ちょっと値段的に安いワインという位置づけです。

外にはベンチがたくさんあってたくさんの人がここのデリでランチを取っていました。
ちなみに道路の向かいにはディーン&ディルーカがありますが
そこで購入してこちらに持ち込みは禁止とガイドさんに念を押されました。
道路自体歩行者横断禁止だそうです。交通量が多いので渡りたいとは思いませんが。

さて、デリに行って食べるものを物色したのですが、それよりも気になるものが外にありました。
Resize2656
BBQがあったのです。
Resize2657

おいしそう。ここはデリじゃなくてこっちだよね。
飲み物は中の売店で買えとのことなので冷えたソービニオンブランを購入しました。
残してお持ち帰りをしても良いようにスクリューキャップでした。
それからBBQのレジで注文をして席を確保してしばし待ちます。
Resize2655

なかなかできないなと思ったらどうやら待つところが違ったらしく、あとであわててとりに行きました。
スペアリブとローストビーフのサンドイッチです。
Resize2659
付け合せのポテトもおいしかった♪
サンドイッチです。ボリュームたっぷり。
Resize2661

同じツアーの方も近くに座っていましたが皆さんデリでした。BBQおいしいのに(笑)
旦那は牡蠣を持っていたカップルを見てうらやましがっていました。私も食べたかった(笑)

食事のあとぷらぷらあるいているとワイントレインが通りました。
Resize2664
次は乗るぞ~(笑)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2011 サンフランシスコ 12 ロバートモンダビ

ナパとソノマにまたがるAVAであるロスカーネロスからナパへ。
こんな看板が出迎えてくれます。
Resize2638

そして次の訪問先はここ、モンダビです。
Resize2639

ワイナリーの建物です。
Resize2640

ここでも試飲の案内をされ、普通の試飲とプレステージの試飲があるとのことでしたが
ドメーヌカーネロスで意地汚く(笑)飲みすぎてしまいました。
旦那はあまり飲まないので60ml×4種類のほとんどを私が。
おまけにつまみはナッツのみ。
これはやばいと、モンダビでは試飲をしないことにしました。
プレステージワインの試飲はこちら
Resize2644

トカロンビンヤードってそういえばありましたよね。
I-BLOCKとかあったら飲んでみたいかなとも思ったのですが
とにかくここで酔っぱらってはあとで大変です。

その代わり畑の観察を♪
ソービニオンブラン。
Resize2641

カベルネ
Resize2647
まだ実が青いですよね。

ブドウの畝の中
Resize2650

ブドウの畝の端にはバラが
Resize2652
害虫や病気にやられるのはバラの方が早いので昔は健全なブドウのための
マーカーとしての役割があったようですが、今でもそうなのかな。

畑の後は売店でお土産の物色をしました。
試飲を我慢したので色々買いました。
モンダビの試飲のためにリベンジしなくっちゃ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2011 サンフランシスコ 11 ドメーヌカーネロス

サンフランシスコ3日目というか夕方到着なので実質2日目はワインカントリーツアーです。
最初は旦那に一蹴された(笑)ワインカントリー行きですが、
かわいそうに思われたのか後で行ってもいいよとの思し召しをいただきました(笑)

ホテルを8時40分に出発してゴールデンブリッジを渡ります。
Resize2618

ソノマからナパに向かいました。
最初はソノマとナパの両方にまたがっているカーネロスにあるドメーヌカーネロスです。
カーネロスといえばブルゴーニュ系のブドウを作っているところですよね。

さてドメーヌカーネロスに到着、ここはシャンパーニュハウスのテタンジェが
ナパにきて作ったワイナリーです。
Resize2620

建物に入る前にブドウを見に行きました
ピノノワール♪
Resize2621
まだ色づき始めたばかりです。

建物に入るとワインの瓶が並んでいます。
ここはテタンジェなので、スパークリングが主流、でもフェイマスゲートをいうピノも有名です。
Resize2623

試飲はレストランのようなところで着席で行います。
Resize2625

メニュー♪
Resize2626

当然Le ReveとFamous Gateが飲めるGRANDE TASTINGを選びました。
周りにいる方たちはスパークリングだけにしていたようですが
このあとピノは飲めなさそうなのでこれにしました。
Resize2632
ここは結構盛が良いです。2ozなので60mlくらいですか。
これは半分くらい飲んだ後の写真です。

本日のスパークリングはこの青いラベルのやつでした。
Resize2636

本日のピノはマグナムでした。写真を撮らずに残念。

ドメーヌカーネロスから見た畑です。この辺は植えたばかりなのでしょうか
Resize2622

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2011 サンフランシスコ 10 蟹♪

ヨセミテ日帰りツアーから帰ってきて夕食へ再びフィッシャーマンズワーフへ行きました。
前日の寒さから、フリースに風よけのためのゴアのレインウェアを重ね着。
実際は前日より気温が高かったようでフリースだけでもよかったかな。

MUNIメトロのFラインに乗って行きました。
今回はフィッシャーマンズワーフの蟹がお目当てです♪

Resize2512
一番左端に見えるCrab Stationというところに行きました。
本当は昨日に行きたかったんですが、なにしろ寒くて・・・・・・
Resize2513
シーフードの屋台です。左側は建物の中なのでそれほど寒くないです。

普通のレストランも並んでいたのですが、Crab Stationは右側のお店で
注文して左側にある建物の中で食べてOKというスタイルでした。

Resize2608
まずは蟹と海老のミックスです。白ワイン4$も頼みました。旦那はもちろんビール。

ここで日本から持参してきたポン酢ジュレを(笑)

Resize2609
付いてきたカクテルソースもピリ辛で結構いけましたがポン酢いけます。
わざわざこのために日本から持ってきた甲斐がありました。

これだけでは足りないので蟹を頼むことにしました。
旦那がほかの席の方が頼んでいる蟹を見て欲しくなったようです。
最初はメニューに見当たらないようでしたが探したところ時価だったらしいです。

Resize2611
ということで来ました、これって有名なダンジネスクラブなんでしょうか?
おいしかったです。これにも付属のカクテルソースだけではなくポン酢ジュレを(笑)

満足してホテルに帰ることにしました。
ホテルに帰ってちょっと飲もうとここで蟹サンドイッチとセーフウェイで
レインボーロール、泡、ビールを購入しFラインで帰りました。
帰りのFラインはものすごく混んでいました。
途中の駅では乗れなかった人もいました。
運転手が丁寧にバスを使ってとか言っていたようです。

シャンドンブランドノワール13.99$もちろんフルボトル
20.99$からセーフウェイカードで7$値引きの会員価格です。
昨日のラクレマハーフの値段はなんだったんだ~

Resize2615
ピノノワールで作ったブランドノワール大好きです♪

Resize2614

豪華な夜食になりました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2011 サンフランシスコ 9 ヨセミテ バレービュー

日帰りツアーなのでヨセミテ滝から戻ってお土産を物色したところで
帰りの時間となりました。
帰りもいくつかのポイントに寄ってくれます。

エルキャピタン
Resize2593

ここでも貸していただいた双眼鏡で人が登っているか探してみました。

ガイドの方が自分の一番好きな場所といっていたバレービューです。
Resize2597

左にエルキャピタン、右はカテドラルロックです。

森の中を流れるマーセド川の向こうに見える山並みが美しい。
Resize2601

マーセド川がきれいです。
Resize2604

水は冷たかったですけれどね。

ガイドさんの話によると「北海道みたい」と言っていた人がいたそうです。
確かに、公園にはいるまでの風景は日本とはかけ離れていましたが
ヨセミテに入ると森が針広混交林で、馴染み深い感じを受けました。
針葉樹はモミとスギとマツが生えているそうですが
トドマツの林といっても違和感なかったりしますので
ここは層雲峡でこの川は石狩川の上流だよと暗示をかければ信じたりして(笑)

帰りも4時間の道折、途中でフルーツスタンドによって
ラスベリーのアイスを食べました。
最初はダブルにしようかと思ったのですが、旦那の注文したシングルの量を見て自粛です(笑
Resize2607

| | Comments (16) | TrackBack (0)

2011 サンフランシスコ 8 ヨセミテ ヨセミテ滝

非常に小出しのblogになっております(笑)

ヨセミテツアーはヨセミテビレッジに到着しました。
ヨセミテロッジです。
Resize2591

ここで昼食です。色々な皆様がblogなどにアップしている通り幕の内弁当
鮭弁当という情報もあったのですが、鯖弁当でしたね(笑)
Resize2578
普通においしいですよ♪やっぱり日本人にはこれでしょう。
私はずーっと洋食でも平気な性質なんですが、
アメリカの食事が今一と感じている人にはうれしいんじゃないかな~。
台北線の空弁でやられた~と思ったのとちょっと似ていますかね。
これで味噌汁でもついたら最強ですか。

昼食後はヨセミテ滝に行きました、歩いていける滝のポイントです。
Resize2579
木々の間から見える滝が素晴らしい。

一番下の滝まで近づくことができます。
Resize2582

こんなリスもいました。
Resize2584

| | Comments (24) | TrackBack (0)

2011 サンフランシスコ 7 ヨセミテ マーセド川

次に停車したのはマーセド川に架かる橋でハーフドームが見えるところでした。
Resize2568

橋の真ん中にある看板に近寄ってみると
Resize2571

撮影のタイミングが悪く旦那の手が写ってしまいました(汗)
まあ、それはそうとして、看板でもわかるとおり、ここはハーフドームのビューポイントでした。

Resize2573
マーセド川下りが気持ちよさそう~
その向こうにハーフドーム。いいですね~。
今度は絶対川を下りたい!

橋の逆側にはこんな看板が
Resize2576

ハーフドームの逆側の眺めです。
Resize2577

本当に気持ちよさそうな川でした。
あとで調べてみるとセンチネルブリッジというところでした。

| | Comments (620) | TrackBack (0)

2011 サンフランシスコ 6 ヨセミテトンネルビュー

ヨセミテ国立公園に入ったらまずあの有名な、どのガイドブックにも
載っているトンネルビューで停まりました。
Resize2550

左側の白い岩がエルキャピタンです。世界一大きな一枚岩?
ロッククライマーの聖地というかあこがれだそうですね。
少し前に山火事があったとのガイドさんの話でそのせいなのか煙でかすんでいました。
目を凝らしてみると奥になんとかハーフドームが見えます。
右にはブライダルベール滝が見えます。

これがトンネルビューのトンネルですね。
Resize2538

ではさらに奥に進んで有名なビューポイントを進みます。
ブライダルベール滝
Resize2557

ベールのように滝が風に舞っています。ここから名づけられたとか。

0.4kmかマイルかどちらかわかりませんが滝まで歩いていけそうです。
Resize2555

エルキャピタン、ガイドさんに双眼鏡を貸してもらうと
クライミングしている人のようなものが見えました。
Resize2558

クライミングは最速記録は2時間だそうえすが、これはとんでもない記録で
普通は2日とかかかるそうですね。この途中で寝るのかと思うと
素人の私にはシンジラレナーイ(笑)

ヨセミテ滝、3段に分かれていて落差が739mとか。
Resize2564

こんなモーターホームで来ている方も。
Resize2566

今回旦那はモーターホームを見てテンション上がりっぱなしのようでした。
レンタカー屋さんのステッカーを貼った車も多く、次回は「モーターホームの旅」になるのか(笑)

| | Comments (38) | TrackBack (0)

2011 サンフランシスコ 5 ヨセミテへ出発

2日目はヨセミテまでのツアーを申し込んでいました。
サンフランシスコからヨセミテまで300kmくらいでしょうか?
4時間かかるので札幌から北見~網走という印象ではないかと思います。
そのためホテル出発は7時20分でした。
まずは6時半に1階下のインペリアルラウンジに行って朝食です。
Resize2526
コンチネンタルの朝食です。

Resize2527
ちょっと控えめに。

さて出発です。ツアーの参加者の方は私たちを含めて8名でした。
日本語のツアーにしましたのでガイド兼運転手の方は日本人です。

車はベイブリッジを通って南~東に進みました。
周りに葡萄畑が見えてきてリヴァモアだと教えられました。
そういえばミュリエッタズ・ウェルって好きだったな~
WENTEだって知らなかったけど。

こんな感じで広々としたところで休憩しました。
Resize2530

ここで朝食をとっている方もいました。
おいしそうだったけどきちんと食べてきましたので。

ここを出て山というか丘に入っていくと風力発電の風車がすごく並んでいました。
あとで調べるとアルタモントパスというところらしいですね。

マリポサという街でも休憩しました。
ここはゴールドラッシュの南の端だそうです。
砂金をより分けるために使うスタンプミルという機械が
保存してありました。ちなみにこればまだ動くそうです。
Resize2536

マリポサの街を出て1時間、こんなトンネルを抜けて
ヨセミテ国立公園に入りました。
Resize2538

| | Comments (28) | TrackBack (0)

2011 サンフランシスコ 4 フィッシャーマンズワーフ

ホテルにチェックイン後、夕食を食べに出かけました。
MUNIのFラインでフィッシャーマンズワーフを目指しましたが
Sなんでこんなに寒いんだよ~というほどSFは寒いです。
フリースを持ってきて良かったと思う反面、風が冷たいので
持参したゴアテックスのレインウェアをウィンドブレーカー代わりに
着て出ればよかったとも後悔しました。

マーケットストリートでFラインを待ちますがなかなか来ません。
停留所で写した写真です。
Resize2505

それでも15分ほど待つとようやく来ました。

ピア39で降りてあたりをうろうろしました。
ゴールデンゲートブリッジが遠くに見えます。
Resize2508

食べるものを物色しながらフィッシャーマンズワーフを目指したところ
足が止まったのがここ、ボーディンミュージアムベーカリーです。
Resize2511

結局ここの2階で食事をすることになりました。

1階はファーストフード系ですが、2階はレストランです。
こんな感じでした。
Resize2516

頼んだものは当然これ、
サワードゥブレッドに入ったクラムチャウダーです。
Resize2517

飲み物はナムナパを♪
Resize2520

サンドイッチも頼みましたがブレッドボウルでお腹が一杯
Resize2521

お持ち帰りになりました。
帰りは夜景を見ながらケーブルカーで戻り
ホテル近くのお店でワインとビールを購入ホテルで飲みました。
Resize2524

でもこのお店高い~。このラクレマのシャルドネハーフが21$だったっけ?
オーパスが窓側においてあったり、観光客のための店なのかな~。
やはり遠くてもセーフウェイへ行こうと決心しました(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2011 サンフランシスコ 3 到着

サンフランシスコ国際空港に到着です。
実は4回目のSFだったりしますが、純粋に遊びで来たのは初めてです。
もちろん残りの3回もビザ免除観光目的ですが(笑)

JL002が羽田から飛ぶようになって到着時刻が17時台になりました。
どうやら空港の空いている時刻らしくイミグレもすんなり、
荷物のピックアップも早かったのですが、税関のスクリーニングに引っかかってしまい
ちょっと時間がかかったのですが無事入国しました。
今回はBARTでホテルへ行こうとしましたので、
Airport Information Boothで Clipper Cardを購入し30$を入れてもらいました。 

BART車内と、車内から見た空港です。
Resize2499

Resize2501

JL002は17時25分に到着の予定ですが、18時24分発のBARTに乗ることができました。
Powel駅には19時頃到着、そこから歩いて今回の宿泊先である
ホテルニッコーサンフランシスコに向かいました。


アジアをうろうろしていた時よりはかなり治安に気をつかいました。
気にしなくても大丈夫なのかどうかはわからないので
とりあえずガイドブックに乗ってるやばそうなところは近づかないようにしようと。
なので、ホテルもパウエルからオファーレルに曲がる道を使いました。

ホテルはJALHOTELのカードを持っていたので、アップグレードを期待し(笑)
ニッコーフロアで予約をしていました。
だめでもインターネット無料なのでまあいいかなと。
チェックインすると期待通りインペリアルフロアにアップグレードされました。
これで無料の朝食ゲットです♪とは言ってもコンチネンタルですけれど。
Resize2502

さてサマータイムのSF、早速でかけましょうか(笑)

| | Comments (135) | TrackBack (0)

2011 サンフランシスコ 2 JL002

HND-SFOはJL002のビジネスクラスです。
深夜便なので、最初は飲み物とちょっとしたおつまみだけということでお寿司の盛り合わせです。
鰻押し寿司、黒米錦紙巻寿司、細巻き寿司だとか。

Resize2492

ラウンジでお腹一杯食べたのでシャンパンのつまみにおいしくいただきました。
その後はしばし睡眠ですが時々起きてこんなものをゲットしたりもしました。
Resize2495

マカロンやワインなど色々並べてあったので、おぉこれは素敵!とカメラを取りに戻りました。
でもタイミングが悪くCAさんたちが忙しく働き始めたので、気が弱い私は撮影を断念しましたよ(笑)

到着2時間前くらいから朝食が配られます。
私は洋食にしましたのでまずはスターターのフルーツと
カスピ海ヨーグルトに埼玉県のこだわり百花蜂蜜を添えて
Resize2496

スイカとメロンは旦那に食べてもらいましたので(笑)
パインがおいしかった♪

メインディッシュはこんな感じです。
千葉県産地養卵とマッシュルームのフリッタータにハーブの香るクリームソースを添えて
国産ポークの粗挽きソーセージと共に
メゾンカイザーのパン、北海道産手作りバター、ブルーベリージャム
Resize2497

マッシュルームと卵がおいしかった♪
その後コーヒーをいただきました。

画像はありませんが、旦那は和食を選んでいました。
和食はすごいボリュームだったように感じましたが旦那はご飯のお変わりが欲しかったようです。
着いたら夕食を食べに行くので我慢しなさいといいましたけれどね(笑)

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2011 サンフランシスコ 1 出発

今年のお盆はサンフランシスコ、いつもはアジア方面を
うろうろしていたのですが今年は初めてのアメリカです。

いつものように実家から新千歳に飛び、今回はちょっとだけ仕事を。
ほとんど出勤したというアリバイつくりのようなものになってしまいましたが
家には帰らずにもう一度新千歳に行きます。

旦那との待ち合わせ時間にはちょっとありましたので、新しく出来た万葉の湯に行ってみました。
どうせ旦那は羽田でシャワーあびるんだし、とにかく暑いので
体を舐めたらしょっぱい(笑)のをさっぱりさせたいと思いました。

新千歳空港の万葉の湯は7月のリニューアルで出来た新しい施設です。
温泉の施設の取材写真は撮らない人間なので写真はありません。
入館料1500円で、タオルと湯上りの浴衣とか作務衣を貸してくれます。
お湯は茶色の温泉で露天風呂もありました。
リラクゼーションスペースが結構大きく女性専用もありました。
ここで一晩寝れるのではないでしょうか?
追加料金を出せば部屋ですごすことも出来るらしいです。

さて、旦那と合流後は、おなじみのサクララウンジ鶴丸の間(笑)
なるべく飲食は控えて羽田に飛びました。

羽田のシャトルバス乗り場です。今年3回目、今年は羽田outが多いです。
9月も羽田outだけど、羽田inは今回のみでした。
Resize2486

ここは羽田の南のバスラウンジなのですが、前のバスに2分前に行かれてしまいました。
降りた後のホワイトボードの案内には北の30番と書いてあったような気がしていたのですが
案内板を見ながらこっちになりました。地理的にはこっちの方が若干近いのですが
発車時間が先なのでホワイトボードの通りに北に行ったら前のバスに間に合ったと思います。
ホワイトボードでそれを含めて気を利かせてくれたのでしょう。
ちゃんとホワイトボード見ろということでしょうか(笑)

10分少々待つとバスが来ました、乗ろうとすると嵐ジェットだ~
Resize2488

国際線ターミナルに到着、成田のように優先レーンはなくおとなしく並んで
セキュリティを受け、出国しました。
お盆なのですがそれほど混雑という感じはありませんでした。

ラウンジに入る頃ちょうどホノルル行きの搭乗時刻になったようで
人が入れ替わるように出てきていました。
私たちが入った時刻は多分シンガ行きとサンフラン行きの方たちがほとんどのようでした。
旦那はシャワーの予約をお願いしたのですが17人待ち・・・
一応順番待ちをしたのですがだめだったようです、
万葉の湯に行ってきて良かった(笑)

深夜便なのでここで腹ごしらえ。
女満別空港で12時前におにぎりを一つ食べたきりでお腹がぺこぺこです。
飲み物は当然泡♪
Resize2490

カレーは大きな肉を2つ入れました(笑)
Resize2491

さてJL002サンフランシスコ行きの搭乗時間で~す♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | September 2011 »