« April 2011 | Main | June 2011 »

謝謝台湾 その8 永康街

北投温泉を後にしてまたMTR淡水線にのりました。
あの有名な鼎泰豐に行こうと永康街に向かうためです。
永康街はどのMTRの駅からも15分くらい歩くようです。
とりあえず乗り換えなしでいける中正記念堂の駅を目指しました。

これが中正記念堂なのでしょうか??
Dsc08839

巨大な建物群の横をずーっと歩きます。

いいかげん疲れてきたところでようやく永康街へたどり着きました。
お目当ての鼎泰豐です。
Dsc08846

昼時を避けて3時半くらいに行ったのですが
人がものすごく並んでいたというか待っていました。

お店の前にはこんなマスコットが。皆さんこの前で写真撮影していましたね。
Dsc08851

ポケベルのような物を持たされると書いてあったWebもあったのですが
曜日と時間なのでしょうか?順番を紙に書いているだけだったと思います。
待ったのは10分程度ではなかったかなと思います。
お店に入ることができました。

さて当然小籠包です。
Dsc08848

近寄って(笑)
Dsc08849

上海の浦東でも食べたのですが、本店は違うのかな~
なぜかおいしく感じました♪並んだ人の数だけおいしく感じたりして(笑)

海老ワンタンメンも頼みました。
Dsc08850

遅い食事でしたが満足でした~

せっかく永康街へ来たのでもうひとつ行ってみたいお店があります。
シンガで支店を探したときはもう閉店していたんですね、どうりで無かったはずだ(笑)
しかし、名前を変えて復活していました。
旧名冰館 、ICE MONSTER、現在の名前は永康15です♪
Dsc08853

ここでは当然マンゴーカキ氷です♪
とはいっても通常皆さんが頼んでいる超級新鮮芒果冰はちょっと無理そうなので
パンナコッタ入りの新鮮芒果奶酪冰にしました。
Dsc08852

おいしかったです~。もう少し季節が遅くなったほうが
マンゴー的には旬なのでしょうが、それでも大丈夫♪
今度は超級新鮮芒果冰に挑戦かな~。

| | Comments (32) | TrackBack (0)

謝謝台湾 その7 北投温泉

故宮博物院でぐったり疲れた後は温泉にでも浸かってゆっくりしようか
ということでMTRで北投温泉にやってまいりました。
北投駅で乗り換えて新北投まで一駅です。
Dsc08822

新北投駅にあるモニュメントが怪しすぎる・・・・
Dsc08826
何を表しているのでしょうか??

とりあえず駅を出て公園方面に向かいます。そちらに行くと温泉街らしいのです。
まずは温泉博物館などにいってみました、
Dsc08827

日本時代の公衆温泉浴場だったようです。
巨大な浴槽の跡などがありました。日本の古い建築物ってやつですね。

次は地熱谷に行きました。ちょっと迷ってしまいましたが
迷うのがおかしい、なぜこの看板が見えないのだというところにありました(汗)
Dsc08828

昔は地獄谷といったそうですね。湯の川と並んで正しい日本の温泉地名ですな(笑)
湯の池というかこれはイメージとして地獄谷でしょうか。
Dsc08832

さて観光も終えて温泉につかりに行きます。
一応下調べをして、水着も持参していましたので、ここへ!
Dsc08837


北投公園露天温泉です。ここは混浴の露天風呂です。
混浴ですので水着着用となっています。
中は当然撮影不可ですので写真はありません。でもこの看板の絵のようになっていました。

Dsc08835
温泉の入り口です。ここでタオルや水着を購入もできますので
手ぶらでも温泉に入ることができます。
まあ、水着くらいは持っていったほうが良いでしょうね~

温泉に入ると海の家のような着替え室兼シャワー室が
左に女性用右に男性用が並んでいます。
そこで水着に着替え、シャワーを浴びて入りますが、荷物を置くところが
なかったり、また床が濡れていますので気をつけたほうが良いかもしれません。
荷物はすべてロッカーに入れてタオルだけ持って入りました。
地元の方は飲み物を持ちこんで横に置いて入っていました。

お風呂は大きなものが3つあり、上からお湯が流れて来るので
一番上は非情に熱いです。真ん中がちょうどいい感じかな~
あと冷水の浴槽もありました。看板の絵では一番手前にある丸い浴槽です。
熱いお風呂の後は良いかもしれません。
シャワーは冷水のみなので、温まってから浴びないと厳しいです。

温泉は時間制限があるので気をつけたほうが良いです。
私たちは12時45分くらいに行ったのですが、
13時からは13時30分まではクローズしたので結構呆然と待っていました。
15分で温泉に浸かるのは無理ですからね~。

いずれにしても良いお湯でしたよ♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

謝謝台湾 その6 故宮博物院

さて台北2日目、実質観光はこの1日ですので朝早くから出かけました。
台北のメインエベントはなんと言っても故宮博物院でしょう。
j旦那がぜひともゆっくり回りたいとのことですので
朝一番に回ることにしました。

まずはホテル近くの雙城街夜市に朝ごはんを食べに行きました。
小さな夜市ですがここは24時間やっているそうで、朝ごはんの屋台を物色します。
私は葱餅がおいしそうなのでそれにしました。齧りかけですが(笑)
Dsc08815

旦那は何にしたかというと
Dsc08814

カレーです♪ しかし、スプーンを二つ頼もうとしてカレーが二つ来てしまったとのこと(笑)
私の分もしっかりありましたよ。

さてお腹が一杯になってMTRの士林駅に到着しました。
Dsc08821

土曜日の朝なのに人が一杯でした。
どうやら大学が近くにあるらしく、学生風の人たちがバスにも一杯乗っていました。

255番のバスを降車後故宮博物院まで歩きました。
故宮まで行くバスは3系統くらいあるようですが255番が一番多いのかな?
故宮が終点のバスもあるようで、帰りはうまくそれに乗れました。
Dsc08817

故宮博物院の門です。中は写真撮影ができません。
Dsc08819

故宮は素晴らしかったです。
目玉の白菜や角煮のある部屋はあっと言う間に人が並んでいました。
私たちはまずそこから見ましたので混雑を避けることができました。
週末は混雑するとの事ですがやはりすごいです。

| | Comments (35) | TrackBack (0)

謝謝台湾 その5 士林美食広場

自強号で瑞芳から帰ってきたのですが、帰りはぎりぎりだったので無座でした。
でも空いている席に座らせてもらいました。
旦那はそれで周りの方に親切にしてもらったようです。

台北駅で降りた後はMTRで士林夜市に行ってみました。
最初は夜市をふらふら歩いたのですが、ここは美食広場でしょう。
Dsc08808

そこでは色々物色してみましたが、
やはり、巨大フライドチキンを食べねばということで並びました。
Dsc08809

ちょっと暗いのでよく見えませんが、多分ここで一番ならんでしたところです。
前の若者2人は台北のガイドブックを持っていたようでした。
日本語のガイドブックではないです。

キター・・・ということでフライドチキンです。
旦那が何か言って辛いスパイスをかけてもらったようです。
Dsc08810

2つ買って一つはホテルにお持ち帰りでしたが、辛いほうはその場で食べました。
あつあつで、柔らかくで辛くておいしかったです~。
一口食べると旦那は我慢できなくなったようでビールを求めてさまよっいました。
私は食べかけのフライドチキンを見ながらかなり待たされましたよ。
教訓:これからいらっしゃる方は最初にコンビニ等でビールを入手されてからどうぞ(笑)

ホテルに夜食というか夕食のお持ち帰りです。
Dsc08813

屋台の方をうろうろしていた時においしそうだった生煎も購入しました。
セブンイレブンでお酒を購入してホテルでの夜食です。
さすがに地下鉄で帰ってきたので冷めていたのが残念でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

謝謝台湾 その4 黄昏の九分

瑞芳から九分までのバスを探しましたが、方向がわからず
最初のバス亭は台北方面だったようで運転手さんに聞くと違うとのこと。
道路の向側にあれだ!というバスが来たのですが横断できず行ってしまいました。
しかがたがないので駅前にあふれているタクシーを使いました。
タクシーでは九分まで180NTDの定額運賃で、15分ほどの乗車で到着しました。
Dsc08802

有名な提灯と階段です。風情があります。
色々なお店がありましたが、お腹が一杯なので食べ物はいまいち。
これで食事つきのツアーなどを頼んだら大変だったと思います。

お茶を飲みに有名な阿妹茶楼に行きました。
千と千尋の神隠しのモデルというところですよね。
Dsc08794

屋外の席に座ります。そこからの眺めです。
Dsc08796

海も見えます。多分基隆方面だと思います。
Dsc08797

お茶をいただきます。東方美人をいただきました。
Dsc08799

九分は雰囲気のあるところでした。観光客も多かったです。
最初2日目の昼間に行こうかとも思ったのですが、
夕方の九分に行きたいということで急遽初日に行くことにしたのですが良かったです。
提灯に明かりがともるところに風情がありますよね。

帰りはタクシーに乗ってから瑞芳の列車の時間を確認したところ
あと15分しかないと大慌てで運転手さんに
「ダイジョウブ」(日本語ですので(笑))と言われる一幕もありました。
運転手さんの言うとおり無事6時半の自強号に間に合って台北まで帰りました。

| | Comments (25) | TrackBack (0)

謝謝台湾 その3 自強号乗車♪

松山空港に到着するとちょうど空いていた時間帯らしく
すいすいとイミグレを通り抜けることができました。
ただし・・・日本からの便のためか放射線検出用ゲートのようなものををくぐりました。
はい皆さんこっちこっちという感じではっと気づくとそこに誘導されていましたので。

荷物をピックアップ、両替を行って早速タクシーでホテルへ向かいました。
ホテルは新しく開通したMTR蘆洲線の中山國小駅が最寄となるランディスホテルです。
MTRで行こうとするとかなり大回りなのですが、タクシーだと近いです。
10分くらいでしょうか?100NTDでした。
14時30分松山空港に到着予定で少し早着したと思いますが
15時前にホテルについてしまいました。
チェックイン時刻前ですよね^^;
部屋の用意ができていないからということでコーヒーラウンジで
お茶を飲みながら待つことになりました。

実はここで、私たちにはある野望があったのです。
到着した日に夕方の九分へ行こうと。
九分へは鉄欲(笑)を満たすために自強号で瑞芳まで行くというものでした。
しかしこの自強号、15時55分台北駅発なのです。
これを逃すとこの次は17時10分・・・・夜の九分も良いけれど55分に乗りたいよ~
果たしてこんなところでお茶をしていて55分の列車に間に合うのか???

15時過ぎにようやく部屋に入ることができ、着替える間もなく台北駅に向かいました。
民権西路駅で乗り換え、台北駅まで地下鉄4つです。
間に合いました~♪
Dsc08774

台北駅は地下ホームになります。
Dsc08777

自強号は座席指定を取ることができました。
無座だと遊悠カードでも乗れるようですが、40分はきついので。
Dsc08779

日本円で220円くらいでしょうか。特急指定席ですよね。
旦那と席はばらばらだったのですが、隣の方の好意で並んで座ることができました♪
Dsc08780

瑞芳到着です。この駅は東部幹線になります。
一つ前の八堵駅から分かれる基隆までは普通列車もかなり走っているのですが
瑞芳以降はかなり本数が少なくなります。
新千歳空港駅と美々駅の関係といった感じでしょうか?(笑)
ちなみに上の写真の16時11分発の列車はそれでいうと千歳行きと思ってください。

乗ってきた自強号です。
Dsc08784

瑞芳の駅です。駅前は美々と違って(笑)かなりにぎやかです。
九分への基地となりますので、観光タクシーもずらっと並んでいます。
Dsc08786

さてこれから九分へ向かいます♪

| | Comments (13) | TrackBack (0)

謝謝台湾 その2 JL031 HND-TSA

羽田から台北松山空港までの飛行機は767です。
4年前に台北に行ったときはJAAがまだ運行していたときですがジャンボだったんです。
変われば変わるものですね~

まあ時の流れは仕方がないというか、鉄な私なのでそんな経験はたくさんしております。
愛称つき夜行鈍行のからまつの廃止も経験し、急行大雪は最終列車に乗り(偶然です)
山陰本線の昼行の日本一長い鈍行も乗る前に廃止になったし・・・
夜行鈍行といえば、ながさきにも乗りたかったな~
からまつ、はやたま、大垣行、長岡行夜行などは乗ったことあるんですけど(笑)

とりあえず、TSA松山空港行きです。愛媛ではない(笑)

Yの機内食ですが、近距離は空弁状態になったようです。
そのため、ラウンジでがっつり食べて機内食はまあいいかと思っておりました。

京都おばんざい風お弁当が配られました。
ご飯が温められているのとコカコーラ紙コップには温かいお味噌汁が
入れられているのがにくいぜ!という感じでした。
Dsc08770

中身はこんな感じです。
Dsc08772

お腹一杯のはずだったのですが・・・JALにやられた~という感じです。
日本人のツボをつかんだお弁当ではないでしょうか?
今までの機内食よりはずーっとおいしくいただきました。
ホットミールではなく全部冷たいおかずなのですが、
ご飯とお味噌汁さえ温かければおいしいんですよね~。

ラウンジで食べたにもかかわらず、
これから台北でおいしいものを食べようと思っているのにもかかわらず・・完食です。
旦那も同じ気持ちだったようで、夫婦そろって台北いってからのお腹がきついこと(笑)

| | Comments (12) | TrackBack (0)

謝謝台湾 その1 羽田空港ファーストラウンジ

blog上ではホノルルから帰ってすぐのようですが(笑)
GW前半の休みを利用して台北に行ってまいりました。
台湾はこれで3度目ですが、前回は2回とも鉄道で台中あるいは
高雄に行きましたので、台北市内はほとんど回っていません。

GWの前半は3連休がとれそうなので、どこかに行こうかという話で
台湾への特典航空券のキャンセル待ちをしていました。
おりからの震災でどうしようかとも思いましたが、
逆に台湾からの義援金の多さに驚きと感謝の気持ちを覚えました。、
私たちが個人で台湾に感謝の気持ちを表すというような大それたことではなく、
親日の国、やさしい国という台湾にぜひ行ってみよう
ということで予定通り台湾へGOです。

羽田から松山行きの朝便は最初に予約したときから
出発時間が2時間も遅くなり札幌からも前泊しなくてもよくなりました。
次の便でも間に合うのですが、羽田のファーストラウンジで泡という
野望のために朝一番の新千歳発にしました。

新千歳のファーストクラスカウンターは結構混んでいました。
お隣でチェックインしていたご夫婦はフランクフルトへ発たれるようです。
うらやまし~。

新千歳の隣のゲートにがんばろう日本の鶴丸機がありました。
これは復興した仙台空港への一番機だったやつですよね。
JEX運行ということは成田行きなのかな~??
Dsc08763

羽田へはさすがGWのせいなのか結構混んでいました。
羽田空港では予定しているスポットが空かないためしばらく誘導路で待たされました。
どうやら那覇便で乗客の方がそろわないためだったようです。
乗り継ぎ待ちなのか買い物待ちなのかさすがGW那覇行き(笑)

羽田の国内線ターミナルから国際線ターミナルはJALのシャトルバスを使いました。
制限区域から出ずにそのまま乗ることができるので
歩く距離が短くてらくちんです。

国際線ターミナルは空いていました。
羽田のターミナルのこの時間は10時前後に近距離朝便が出て一段落する時間のようです。
イミグレを通過後、旦那を待っていたら、
CXのGHのおねえさんが出発するのに遅れているお客さんを探していましたが、
私に目をつけたのか?私の近くで連呼していましたよ。大変ですね~。
旦那は前に並んだ女性が出国の係官に飛行機の乗り方?を聞いていて
時間がかかったとお冠で出てまいりました。
たしかにイミグレの係官に聞くことじゃないですよね。

まだ時間がありますが朝シャンのために(笑)ラウンジへ直行です。
これです~
Dsc08765

赤ワインはフェブレイのメルキュレイでした。
Dsc08764

白を撮影しようとしたらラウンジおねえさんが片付けに来たので失敗(笑)
ちょうど10時に出発する人たちがいなくなって
消費されたものの入れ替え時間のようです。

朝ごはんは食べてこなかったのでここでがっちり食べました。
やはり朝シャンとのからみで洋食になります。
Dsc08766

ラウンジはこんな感じで非常に空いていました。
Dsc08768

あとから少し人が入ってきましたが、この時間帯は出発する便が少ないからなんでしょうね。

| | Comments (23) | TrackBack (0)

リベンジホノルル その16 ハワイ土産

本当は15に一緒に載せるはずでしたがあせって帰ってきたので(笑)
ということで今回のホノルル土産です。

今回一番気になっていたのがKCCファーマーズマーケットに出店している
アイランドプリザーブ社のリリコイバターです。
パッションフルーツのジャムというかバターを加えたスプレッドで
レモンのものは食べたことがありましたがパッションフルーツは初めてでした。
ついでにグアババターも購入してみました。
コストコのディナーロールにつけて食べましたがおいしいです。
パッションフルーツは酸味が強いのでこのように加工するとおいしいですね。
Dsc08744

当然のようにカリフォルニアワインです。
今回は専門店には行きませんでしたが、カルトワインを買うわけではないので
コストコとセーフウェイでも十分ですね。
Dsc08745
レミーとベリンジャーPR、ベリンジャースブラジア、全部シャルドネです。

今回はKCCファーマーズマーケットで蜂蜜やハニーバターなど結構購入しました。
保冷バッグを持っていくほど気合入れていましたので(笑)
またリリコイバター買いにいきたいな~

| | Comments (41) | TrackBack (0)

リベンジホノルル その15 JL075 HNL-NRT

さて、ようやく帰国です。ホノルルから帰る前に台湾往復してしまいましたが(笑)

帰りは9時40分だったと思いますが、成田空港行きの744でした。
今回はアップグレードを狙っていたので、帰りは成田行きのジャンボにしてみました。
これ以外はC席の少ない767なので少しでもチャンスをということと
朝一番の便なので少しは空いていてアップグレードが取れやすいのではと
思ったのですがところがどっこい、結局アップグレード失敗、Yでの帰国です。
行きの羽田便よりこっちのほうがOKでると思ったんですけれどね~

ただYでもジャンボの2階席を指定していたので快適でしたよ。
この便は確か満席だったそうですが、まさかジャンボ退役人気ではないですよね。

機内食はカレーでした。おいしかったです♪
Dsc08737

2回目のサンドイッチもいけました。
Dsc08742

朝便でしたので、成田からも午後の便に乗って千歳に帰ることができました。
帰りはクラスJにアップしましたが、旦那とお母さんのお誕生日プレゼント
アップグレードクーポンに私もお相伴にあずかりましたので(笑)

| | Comments (9) | TrackBack (0)

リベンジホノルル その14 ホノルル空港QFラウンジ

3泊5日のホノルルも最終日です。
帰りはアップグレードされやすい便を選ぼうとの野望の元に
JL0075 HNL-NRTを予約していました。
9時台に出発なので朝早めに空港に到着しました。

まず手荷物を預けるカウンターに行きました。
トランクは3人で2つなのですが、どうやらワイン3本と
飲み残したバドワイザー缶を入れていたトランクが重量オーバー・・・
JGCでもYクラスだと23kgなんですよね。

もう片方は大丈夫なので荷物を移すように言われました。
まあしかたないよねとトランクを開けようとすると現地風スタッフのお兄さんが
「OK、OK」、私たちは「へ?荷物入れ替えなんだけど・・・」と躊躇したのですが
そのままで結局持っていってくれました。
さすがハワイということなのでしょうか(笑)

その後チェックイン、アップグレードは結局だめでしたが
JGPなのでゴールドレーンというのでしょうか?
セキュリティチェックを途中から割り込み可能なパスをいただきました。
皆さん並んでいるところに途中から割り込んでごめんなさい(笑)

出国後はまずサクララウンジへ行きました。
出発ゲートは26番なのですごく遠いです。
そこで、一度行ってみたかったQFラウンジに行くことにしました。

サクラより食べ物や飲み物系が良いらしい
今回の搭乗ゲートにすごく近い
しかし11時からはAAのラウンジになるのでアルコールがなくなりしょぼくなるらしい
QFが運行する曜日しかやっていないので私たちが帰る日はやってないらしい
以上のような情報を事前に得ていました。
しかし、QFのHNL便を調べてみるとジェットスターとのコードシェアで
今では毎日運行しているようでした。これなら大丈夫かも。
というところでQFラウンジに挑戦です。

私たちが乗るジャンボです。その手前の3階の角がラウンジだと思います。
Dsc08726

中はこんな感じでした。
Dsc08733

食べ物です。フルーツがあるのが良いですね。
Dsc08730

いやーこの左側のワインはシャンドン(多分オージー)なんですが口が開いていなかったのです。
さすがの私も空けることがあけることができませんでしたよ。残念です~
代わりに隣のジェイコブスクリークを飲みましたが。
Dsc08731

ということで、白ワインとチーズをいただきました。
Dsc08728

このラウンジのスタッフの方たちはすごく親切でした。
JAL便の私たちだったのですが、写真を撮ってくれたりしましたよ。
ラウンジのお客さんはほとんどが白人の方でJALに乗る方たちはほとんど
いなかったのではないかと思います。
搭乗口が26番以降の場合はこのラウンジが絶対良いと思います♪

| | Comments (9) | TrackBack (0)

« April 2011 | Main | June 2011 »