« シャンパーニュグラス | Main | うどん修行(笑)その4 大分(本当は佐伯)ごまだしうどん2 »

うどん修行(笑)その4 大分(本当は佐伯)ごまだしうどん1

長いタイトルになってしまいました(汗)が、そういえば2007年に
高松に讃岐うどんを食べにいって以来なぜかうどんにこだわりが・・・・
2007年には高松へ讃岐うどん2回、2008年には松山へ鍋焼きうどんを食べに行き
新しい修行の地平が始まるか・・・←大袈裟すぎ

今回はGWの平日休みで旦那は仕事、これはどこかへ行けといっているな。
ということで大分県佐伯のごまだしうどんに心惹かれて大分空港までやってまいりました。

ごまだしうどんはやはりJALの機内誌に載っていたものです。
JALの機内誌恐るべしというか、これに載っているためにわざわざ出かける人間を作るのですから。
こんな人間は私だけではない・・・よね

いちおうごまだしとは!エソなどの魚を焼いて身をほぐして
ゴマと醤油などの調味料と一緒に練ったものらしいです。
ゆでたうどんに一さじ入れ、薬味とともに混ぜて食べるというもので
忙しいときでも簡単に食べられるという佐伯の郷土食なんだそうですね。

それはともかく旅の行程を組む段階で、やはり日帰りが条件になります。
ところがごまだしの本場である佐伯市は大分市から特急にちりんで1時間
朝一で千歳を出て、羽田乗換で大分空港に着くのが11時30分
そこから大分まで1時間、更にJRで行くと・・・・帰れないじゃん。
正確には最終便で帰れますが、佐伯滞在時間50分です。
50分でごまだし・・・食べられるかもしれませんがリスク高杉。
ランチと夕食の間の時間帯なので店が閉まっている危険性もありますし。

というわけでおとなしく大分市内で我慢することにしました。
大分駅一番ホームの立ち食いうどんやさんにごまだしうどんがあり
大分空港のレストランでも食べられるその情報をたよりにしました。

大分空港到着です。
ホバークラフトが呼んでいましたが振り切ってバスにしました(笑)
次は乗ってみたいな~
Kuukou

大分駅一番ホームの梅の家さんです。
色々なうどんがありましたが、ごまだしもあった!
そこのおばさん達が話していたのを食べながら聞いていると
ごまだしを説明するのに時間がかかって結局時間がなくなりお客を逃したとか。
う~ん。ごまだしは大分ではやはり一般的ではないのか。
Dsc05008

ごまだしうどん450円!
Dsc05006

ごまだしうどんマクロ!
Dsc05007

駅の立ち食いうどんですので、これから電車にのりますよ。もちろん。
行き先は別府です♪
Dsc05009

駅構内に関のいなか寿司というのが売られていました。
佐賀関魚寿司工房というところが作っています。
あの有名な佐賀関ですよね。駅員さんも買いに来てました。
鯖、鯵、鰯、秋刀魚、私の弱い(大好き)背の青い魚が一杯。
ひとつ150円で結局鰯を買いました。
Dsc05012

これ本当に美味しかったです~。
大神行きのロングシートの車内で食べました。
北海道キヨスク販売のお茶うららと一緒です。
わざわざ札幌から持ってきたお茶ですよ(笑)
他の魚も購入すればよかったというか
よっぽど帰り大分駅に戻ろうかと思ったくらいでした(笑)

|

« シャンパーニュグラス | Main | うどん修行(笑)その4 大分(本当は佐伯)ごまだしうどん2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference うどん修行(笑)その4 大分(本当は佐伯)ごまだしうどん1:

« シャンパーニュグラス | Main | うどん修行(笑)その4 大分(本当は佐伯)ごまだしうどん2 »